石狩湾の貝の展示!

石狩湾の貝の展示がほぼ出来上がりました!!
今後も展示用の貝を見つけながら徐々に加えていきたいと思います
sidatami先生のご来館頂けることを口々にしながら学芸員さんと準備をしました!
是非共お待ちしております!!
a0157451_20261877.jpg

スズキさんから頂いたガラス玉でアクセントを付けました・・・オシャレです!
a0157451_20262941.jpg

これが全体像です!!
a0157451_20264422.jpg

canis-majorisさんへのお願い・・・真珠を抱いたカキ貝もお借りして展示したいです!
よろしくお願いします!!
[PR]

by argo_ukidama | 2012-05-05 20:34 | 浜辺 | Comments(7)  

Commented by canis-majoris at 2012-05-06 20:32
 さっきはど~もでした。
 ガラス玉の装飾、シャボン玉みたいでステキです♪
 ところで展示にパネルはつかないのですか?
Commented by argo_ukidama at 2012-05-06 20:52
◆canis-majorisさん
今日はゴメンナサイ&真珠を抱いたカキ貝の用意ありがとうございました!
パネルのことで学芸員のシケさんを訪ねたのですが休みでしたネ・・・パネルの内容の件ですがベントス・プランクトン・ネクトンの説明とトリガイ、サクラガイなどの北限の説明etcを図入りのパネルにしたらどうかという提案なのですが!!
ユキさんならどういうのがいいと思いますか・・・?
Commented by canis-majoris at 2012-05-08 23:02
 ベントス・プランクトン・ネクトン・・・初めて聞く言葉です。
 貝の北限も興味あります!
 あとは何でしょう・・・すみません、私の乏しい知識では思いつかないです;
Commented by sidatami at 2012-05-09 19:22 x
北限のサクラガイの記録は温暖化の影響で今後年々更新されていくのだと思います。以前akihikoさんのブログで稚内沖(ドレッヂ試料)で記録があると紹介がありました。サクラガイの“漂着”は私が採集しました小平町(留萌支庁)のものが北限と思われます。
トリガイは温暖化の影響で石狩湾付近まで分布を伸ばしたという説が有力です。
しかし、1961年の文献では、トリガイは銭函で稀に見られると書かれており、1960年代にはすでに石狩湾にトリガイが棲息していたものと考えられます。
いずれにせよ、個体数は徐々に増えていることは確かですね。
貝の展示、是非見学させて頂きたいところですが夏前には終わってしまうようですね。夏場にはまた小樽方面での採集を行いたいと思っているのですが。
Commented by argo_ukidama at 2012-05-12 21:58
◆canis-majorisさん
私も小難しい語句は学芸員さんのシケさんから教わりました!
まだまだ知らないことがたくさんありますよネ!
だからビーチコミングはおもしろいのですネ・・・ロマンもあるし!!
Commented by argo_ukidama at 2012-05-12 22:06
◆sidatami先生
トリガイがそんな以前から石狩湾で確認されているとは驚きです!
きっとアオイガイなんかもずっと以前から北海道に漂着していたのでしょうネ!
展示会は小学生の夏休み位までするようですので機会がありましたら是非ご覧いただきたいと思います!!
Commented by Fulgenzio Siciliano at 2012-05-23 19:46 x
I really liked your blog! It helped me alot… Awesome. Exactly what I was looking for. Thanks!
HTTP://www.KneeNeckBackPain.com/

<< 石狩の浜にウミガメ? 大量ガラス玉!! >>