コベルトフネガイ

海辺は家族連れなどでイッパイです
私は、ひと泳ぎをして「砂丘の風資料館」へ顔をだしました
我社の女子社員がボランティアでお手伝いをしており様子を見に行きました
今まで採集しました漂着コハクの計測をしておりました

今回はコベルトフネガイを紹介します
コンブのイシヅキが付着して漂着していることが多いです
a0157451_20403497.jpg

市場魚介類図鑑によると「コベルト」はドイツの貝類学者(1880-1916)だそうです
酒蒸し、みそ汁などにするととても味が良く身自体にも旨味があり、濃厚なだしが出るとのこと
食えそうにはみえませんけどね~!
[PR]

by argo_ukidama | 2010-06-27 20:41 | 浜辺 | Comments(4)  

Commented by sidatami at 2010-06-28 15:24
最も普通な二枚貝ですね。表面の様子から
あまり食べたくありませんね・・・
Commented by argo_ukidama at 2010-06-28 20:03
◆sidatamiさんへ
貝の研究の分野に食の部分も盛込まないといけませんネ
私は、一年中BCをしており今の時期はウバガイ(ほっき)、バカガイ(あおやぎ)、コタマガイ、サラガイをよく食べます。

昨日、資料館の学芸員さんとsidatamiさんの噂をしておりました。
(貝の研究をしているんでしょうかネ~・・・トっ?)
コメントにヒントがあると嬉しいです!。
Commented by sidatami at 2010-06-29 19:39 x
生貝を拾った時はいつも海に帰しています。
ホッキガイを拾ったら・・・

それは、食べます!!
Commented by argo_ukidama at 2010-07-01 21:46
◆sidatamiさん
こんばんわ!
いいですネ~・・・
そんなsidatamiさんに親近感を覚えますネ~!
機会がありましたらお会いしたいです。
今後ともよろしくご指導ねがいます。

<< ありがとう!小樽の仲間~お祝い コシダカガンガラ >>